TOP       ▶ LESSON INFORMATION      ▶ ABOUT      ▶ CONTACT / APPLICATION  ▶ 化学物質過敏症について

|衣類・カバン・くつのニオイを取るために

 & SLOW LIVINGにお越しの際は、「ニオイのない装い」にご協力をお願いしています。理由は、化学物質過敏症/MCSが体調を崩す原因となる、不要な化学物質を室内に持ち込まないようにするためです。ニオイはすなわち化学物質。微量の化学物質は目には見えませんが、ニオイによってその存在をある程度把握することができます。当ラボが理想とする除去レベルは、「誰がいつニオイを嗅いでもほとんどしない」です。

 以下、衣類やカバン・くつのニオイ(人工香料臭や化学物質臭、タバコ臭など)の除去の仕方をご紹介いたします。ニオイをコントロールすることで、不要な化学物質を除去できるだけでなく、化学物質過敏症やスメハラの予防にもつながります。また、ニオイがどのくらいの期間で除去できるかで、ご自身の化学物質汚染レベルがわかってくるでしょう。

|衣類のニオイ除去

【準備するもの】

 

 ・重曹もしくは酸素系漂白剤

 ・お湯(温度は高いほど効果的)

 

 

【やり方】

  1. 大きめのたらい一杯分のお湯に、重曹もしくは酸素系漂白剤を大さじ1程度入れ、そこに衣類を数時間漬け置きする。
  2. 漬け置きした衣類を洗濯。(洗濯機に人工香料臭が付着している場合は手洗いで)
  3. 日光がよくあたり風通しの良い場所に干す。
  4. 周辺にニオイ付きの洗剤や柔軟剤を使用した洗濯物は干さないよう要注意。
  5. ニオイが除去できるまで1~3を繰り返す。ニオイが取れるまで少なくとも数週間要します。

 

【注】購入したばかりの衣類にも人工香料臭が付いています。必ず洗濯を行ってください。

【注】衣類によっては色落ちや縮みを起こす場合があります。

【注】消臭スプレーは使用しない。化学物質の重ね付けになるだけで除去にはなりません。

【*】衣類は、化繊より綿や麻などの自然素材の方がニオイが取れやすく、またニオイが付きにくいです。



|カバン・くつのニオイ除去

【やり方】

  1. お湯で洗えるものは、事前に洗っておく。
  2. 日光がよくあたり、風通しのよい場所に干す。その際、ニオイがするもの(ニオイ付きの洗剤や柔軟剤を使用した洗濯もの)は周囲に置かない。
  3. 程度にもよりますが、ニオイの除去ができるまでに数週間から数ヶ月掛かる場合もあります。

 

【注】消臭スプレーは使用しない。化学物質の重ね付けになるだけで、除去にはなりません。

【*】帽子、傘、コート、手袋なども同様の方法でニオイを除去できます。



|簡単にできるニオイの確認

 ニオイは個人によって感じ方に大きな差があります。ことに自身のニオイを客観的に判断するのは大変難しいです。

 そこでニオイを客観的に確認するには、第三者にニオイを嗅いでもらうのが最も簡単な方法。できればニオイのない屋外で確認してもらうと判断しやすいでしょう。